大欲と少欲

しばらく禅に凝っていて「欲を減らす」ということをよく考えていました。

最近ピコーンと思ったのが、

「大欲と少欲」

についてです。

 

仏教とりわけ大乗仏教では「大欲を認める」というのがあるそうです。

欲のなかでも、じぶんの利益ばっかり考えるのを少欲、ひとの利益や社会の益を考えるのが大欲、ということになるようです。

だからまあ、ザックリいうと「じぶんのための欲」はもうすべからく少欲であるということなんだろうと思います。

 

禅や仏教をチビッと齧ったひとに多いのが、ミニマリストとかですね。

よけいなものは持たない、とか。

「強い向上心なんか捨てて、日々安穏平和に暮らしていければいい」という考え方を持つひともいる。

これらは、ともに「少欲」ということになるんだろうと思います。

だから仏教の本質的なところからいくと、そーゆーのは結局なんにもできてねーじゃねーかーコラー、ということになるんだろうなあ。

 

欲をすてて、足るを知り、質素で平穏な日々を送る。

そのような姿勢は「つつましい」という装飾語によって、過剰に美化されているところがある。

しかしその実体は結局「じぶんのことしか考えていない」という、少欲の中でも堂々第一位に輝く少欲なのかもしれないですね。

 

ぼくはチンケな少欲野郎なんだけど、ぼくの周囲にはけっこう「すごい人」がいます。

先輩でも後輩でも、すげー頑張ってる、わりと有名なひともいる。

ふと気がついたのが、彼らに共通することは「欲が強い」ということです。

そしてここが肝心なところで、「少欲ではなく大欲が強い」ということ。

「お金儲けがしたい」ではなく、「社会を変えたい」「業界を変えたい」という、大きな欲を持っているんですね。

どうして彼らはいつも元気なんだろう、エネルギッシュなんだろう。

その理由はわりとかんたんで、「大欲が強い」ということだったのだと思います。

 

欲を捨ててしまえば、必要なものが減って、そうすればそんなに頑張って働かなくていい。

そしたら生活はラクになって、万々歳じゃないか。

ぼくはつい先日まで、そのようなことを考えておりました。

ううむ。

これはその、いわゆるひとつの、イッツ・シェイムであります。

ハズカシー!

あられもなく身をヨジりたくなるほど、ハズカチーであります。

 

いやまあ、そりゃあそうなんだけれども、それでラクになって喜んでんのは自分だけじゃん。

それ、少欲じゃん!

っていう。

 

「大欲は無欲に通ず」

というコトバもあるそうです。

つまり巨大無尽の大欲を持てば、それはもう無欲とほぼ同等である、という。

じぶんがしあわせになるためではなく、社会とか世界とかがしあわせになれる道をかんがえる。

そうすると、必然的に無欲と同じ境地に至るという。

 

そうなんだろうなあと思った。

身の回りを見渡してみると、社会や業界や世界という「巨視」を持っているひとはみな、ある意味で無欲ともいえる。

会社員でさえそうで、じぶんの給料や出世のことばっかり考えているひとよりも、「会社の経営」「会社のありかた」のことを考えているひとのほうが、無欲である。

あまりこまかいことを、ゴジャゴジャ言わんのであります。

いつもけっこう、元気なのであります。

こまかいことをゴジャゴジャぬかして神経質に悩み、じぶんが神経質であることにも悩み、しばしばうすぐらいことをブツブツと、ぜんざいを煮詰めたみたいにプクプクホザいてるやつは(ぼくのことだけど)、巨視がなく少欲の権化となっておーる。

そして弱いことは繊細で、繊細は悪いことではないなどと、じぶんのキズをナメナメしておーる。

しかしこーゆーのは畢竟「つつましさ」とか「清貧」とかいう、肌触りのいい、しかしヌメついた気色の悪い装飾語に踊らされて、けっきょくはてめえのことしか、考えておらんのであります。

そんな弱っちい情けないやつが、幸せになれるわきゃーなかろーたいね。

この、ふうけもんが。

と、突如のエセ佐賀弁で思うのでありました。

 

とはいうものの、そこそこ元気じゃないと、大欲は持てない。

そして大欲を持てば、元気になる。

つまり「ええループ」でありますね。

いっぽう、元気がないと、少欲ばかり持つようになる。

少欲を持てば、元気はなくなる。

この無限ループの鎖をバチコーンとぶった切るには、まず大欲を「持ってみる」ところから、はじまるのかもしれないですね。

幸福のために自らを変えるのではなく、

世界を変えるために自らを変えよ。

みたいな。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA