AirPods Pro で気分が悪くなるのは「ANC」のせいだった

いままで使っていたワイヤレスイヤホンが壊れたので、思い切って「AirPods Pro」を買ってみました。

けっこう高かったけど、そのぶんとても安定していて、音もばつぐんにいいです。

以前のやつも悪くはなかったんだけれども、iPhoneとの接続がたまに切れたり、なぜか左耳だけ接続が切れたり、音量調節がうまくいかなかったりと、けっこう不安定でした。

聞こえるからまあ、べつにいいんだけれども、地味にストレスが溜まる。

そのへんAirPods Proは厳密で、耳に装着した瞬間にiPhoneと「確実に」自動接続されて、その後不意に切れたり、片方だけ機能不全に陥ることもありません。

うむ、いいなあ、いい買い物したな!

と喜んでいたのですが……。

 

おかしい。

前使っていたやつでは全くなかったのに、Air Pods Pro を耳に装着した途端に、気分が悪くなるのです。

AirPods Pro を装着すると、なんか耳の奥のほうで「シイイイイイイン」みたいな高周波の音が聞こえるような気がして、いや、実際には音はしてないんだけど、音じゃなくて「振動」に近い感じで、なんか「耳鳴りの超音波版」みたいな。

まあ、超音波なんか聞いたことないんだけど。

脳みそが圧迫されているような感じがして、なんちゅうかその、お、お、おええええ。

おええええ!

きもちわる!

なんじゃこいつ!

 

「気のせい」で済ませられる程度ではなかったので、調べてみたら原因がわかりました。

AirPods Pro に搭載されている「Active Noise Cancelling(アクティブ・ノイズ・キャンセリング)」という機能のせいでした。

これをオフにしたところ、あの違和感は消えました。

 

「設定」→「Bluetooth」→「●●のAirPods Pro」の「青い丸のiマーク」をタップ。

ここで「ノイズコントロール」を「オフ」にしたら、あの耳鳴りのような音がピタっとなくなりました。

ついでに、外の雑音もしっかり聞こえるようになった。

このANCはバッチリ効いているようで、室内で使うとエアコンの音まで完全に消える。

すごい技術だなあ。

 

ANCというのは、雑音に対して逆の周波数の音を当てて「相殺する」みたいなシステムなんだそうです。

こういうのを「音の位相干渉」というのだそうです。

だからANC使用中は、何らかの音(というか周波数)が出ているということ。

ただし、この音は、普通は聞こえないはず。

しかし、たまにこの「ノイズ消音用の音」が聞こえるというか、感じてしまう人もいるようです。

一般的にANCを使いすぎると疲労が強くなるというのもあるので、敏感なひとはこのANCはあまり使わないほうが良いのかもしれません。

便利なんですけどね。

ANCを使うと、ほんとうに音が澄んで良い感じなんです。

でも、キモーチャーリーの。あたまが。

 

あー、調べてよかった。

あんまり気持ち悪いもんだから、返品するか、メルカリで売り飛ばしてしまおうかとさえ考えました。

ANC使わないんだったら、AirPods Proじゃなくて、ふつうのAirPods で良かったんじゃね?

とも思うのですが、そうでもない。

ぼくは人より耳のアナがデカくて、ふつうのAirPodsだと、ガバガバなのです。

AirPods Proのように、「耳のアナにぶっ刺してネジこむ」やつでないと、使えないのであります。

 

ちなみにANCをオフにするほかに、「外部音取り込み」 でも、ぼくはほぼ同じ感覚でした。

外で使うとクルマとか人の足音とかバッチリ聞こえます。

でもまあ、これでいいんじゃねえの。

イヤホンなんて外で聴くためのものなんだから、雑音が聞こえるほうが自然だろ。

外にいるのに、イヤホンしたら音楽以外なんにも聞こえないなんて、あぶねーよ。クルマに轢かれるぞ。

そんなに音をクリアにして聞きたいのなら、もっと大掛かりなヘッドホンで、部屋で聴けばいいじゃんねえ。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA