WEBLOG

ブログ

CATEGORY

[健康管理]の記事一覧

  • 押し返せないときもある。よね。

    うーん、どーもこの2〜3日、ヘンだ。   ほぼ毎日走るようになって、すんげーいい感じだったのです。 パニック的ななにかや、自律神経失調症的なナニガシというのが、かなり減っていたのです。 気分も上々、上機嫌。 調 […]

  • 繊細さと甘え

    さいきんなんとなく思うようになってきたのです。 繊細であるというのは、一種の「甘え」なのではないか、と。 ただここでいう「甘え」というのは、幼児性のことではないです。   繊細であることや、感受性が高いことを、 […]

  • 汗疱は、走ると治るのかな

    ぎゃくにいえば、運動不足だから汗疱になるのかな、的な。   さいきん毎日1〜1.5km走るようになって、いろいろと調子がよいのです。 もうそろそろ1ヶ月が経過しようとしています。 ・いらいらしにくくなった。 ・ […]

  • 走ったら痩せる、とかではないのですよね

    ぼくはそのむかし柔道をしていて、全身のほとんどの関節を一回は「イワして」おります。 腰は当然として、両肘、両肩、肋骨、ふくらはぎ、首、背中、手首、手の指、足の指。 足の指に至っては、幾つかの指が曲がったままでもあります。 […]

  • 歩々是道場。街はジムなのだ

    いつものように朝走っておりましたら、近所の真言宗のお寺に張り紙がありました。   「こころがけ次第でどこでも道場になる」   ううむ。 なるほどなあ。 確かにそうかもしれん!   最近毎日走 […]

  • 「運動しないとダメなタイプ」ってあるよね

    さいきん常々思うのだけれども、人間には「運動しなくてもそこそこ大丈夫なタイプ」と、「運動しないとダメなタイプ」っていうのがあるような気がするのです。 ぼくは確実に後者のようで、そもそもぼくがパニック障害を発症したのは34 […]

  • Apple Watch を買った

    まさかじぶんが、こんなに「走るおじさん」になるとは思っていなかったのです。 やはり、リクツでグズグズ考えず、内なる衝動に任せてはじめたことは当然自然の流れでスンナリといくようです。   さて「走るおじさん」にと […]

  • AppleWatchはジョギングの「周辺事情」を排除してくれるのだ

    走ることについて、じつは「走ること」そのものがシンドイのでは、なかったりします。 当然走ることじたいもシンドイことはシンドイのだけれども、その「周辺事情」のほうにこそ、多大なる問題がある。 シンドイよりも「メンドイ」ほう […]

  • 滞っていたら、何食ったって意味ねんだよなあ

    ぼくはかつて、自律神経の不具合についていろいろなサプリメントを試したことがあります。 ビタミンB群がいいとか、亜鉛やマグネシウなどのミネラルがいいとか、いろいろとあるのです。 そんな錠剤を毎日飲んでいた時期もありましたが […]

  • 「からだとこころの風水」はしているか

    「風水」というジャンルが、妙に市民権を得ていたりします。 部屋の間取りや方位、レイアウトなどによって、開運などを目指そうという試みです。 ぼくも一時期ハマったことがありましたが、当然のことながら効果はありませんでした。 […]

  • 押し返すちから

    運動をするようになると、「押し返すちから」が強くなってくるような気がします。 これは、キンニク的な意味ではなくて、ココロ的なことで。   妙な不安とか動悸とか、いやぁな感じとか、怖い感じとか、イライラとか、息苦 […]

  • ウォーキングとジョギングの、決定的な違い

    最近よく走っているのですが、かつてぼくは「歩く人」でした。 一日一万歩とかでしたから、そこそこ歩いていたとは思います。 しかし一日一万歩では、ぼくが抱えていた不具合はあまり治らなかったのでした。 自律神経失調症という不具 […]

  • 怠者の論理

    先日の「寒の戻り」を経て、突如暖かくなりました。 てゆーか、きょうはもう、暑いです。   暑いので、炎天下のなかを走りにいってきました。 さいきんしょっちゅう走ってイキを上げておりましたら、こういうふうに考える […]

  • 「気」は認知システムのバックドアなんじゃないか説

    「脚のちからを抜こう」   妙にみぞおちのあたりが緊張していたり、腹筋がこわばっているのは、脚の筋肉に不必要にちからが入っていたことが原因だったと気が付きました。 そこで、ふだんからできるだけ脚のちからを抜き、 […]

  • あきらめる筋肉

    走るようになって、要するにあちこち筋肉が緊張していることがわかりました。 長らく自律神経がおかしいのも、これと無縁ではなかったのだろうなあと思います。   息苦しいとか、あたまがフラフラするとか、のぼせるとか、 […]

  • おなかを・ゆるめる

    外出がこわいだーの、電車がこわいだーの、だーのだーの言っておりましたけれども、この「こわい」は、どこからうまれているのか。 さいきんいっぱい走るようになって、ちょっとわかってきたのであります。   「おなかがこ […]

  • ジョギングをするようになって、変わったこと

    「ジョギング」なんて言ったらシバかれるかもしれないレベルなんですけど。 基本はウォーキングで、途中たまに小走りを挟む、っていう程度です。 たまに、調子がよかったら町内一周ぐらいは走り続けたりもしますけど。 しんどくなった […]

  • 問題はストレスではなく「ストレス反応」のほうだった

    心療内科とかに行くと、とかくストレスストレスといわれます。 ストレスが問題だ、ストレスの元を絶たねばなりません! というふうに。   たしかにストレスが原因なのではあるけれども、最後の最後に人間に影響を与えてい […]

  • 走らないと、筋トレは効かないのだなあ

    ううむ、なるほど。 むかし柔道部でやっていたことは、やはり合理的であったのかもしれない。 柔道部というか、体育会全般に言えることだけれども。   おじさんになってから筋トレを志したことは、数知れず。 しかしなが […]

  • 生きるチカラは「イキするチカラ」なのだ

    さいきん実行している「快楽主義走法」あるいは「へなちょこジョギング」は、予想外にいい感じなのでした。 走るということが、サワヤカで心地のよいものであるということを如実に感じられるのでした。   自律神経失調症や […]

1 / 812345...最後 »