人生が夢だというならば

仏教では、人生は夢のようなものだといいます。

死んでいくときには、すべて夢のように消えてしまうから。

必死で頑張ってお金を稼いだり、地位をあげたりしても、死んで行くときにはすべて消えてしまうのだから、意味がない。

だから意味がないことなんかしてないで、煩悩を捨てて粛々と生きていきなさいという人たちがいます。

あるいは夢を見るのは眠っているからで、目を覚まして現実=真理を見極めなさいという人たちがいます。

 

べつに異論はないのですが、3つめの方法はどうなのか。

思い切って「夢に生きていく」という道も、あるのではないか。

この人生が夢ならば、その夢の中で見る夢もまた夢。

この人生は夢のようなものだからといって、あきらめて粛々と生きていくひとたちは、たしかにいます。

ぼくも一時期、そうしようと思いました。

いっぽう、世界にはいま80億人ちかい人たちがいて、そのうちのたったひとりでも、この夢から覚め、真理を見極められたひとはいるのですか。

 

さいきん思うのは、この人生が夢ならば、そのまますなおに、この夢を生きていけばいいのではないですか。

「夢のような世界」

これが、すこしづつ近づいてきています。

だれかの夢がほんとうになって、夢のような世界になってきました。

そのむかし、家にいたままで外国の人と顔を見ながら会話ができるだなんて、だれが信じたでしょうか。

そのむかし、インドまで空を飛んでいけるだなんて、だれが信じたでしょうか。

流行り病があっても、うまくすれば多くの人の命が助かるだなんて、だれが信じたでしょうか。

むかし、だれかが、おおきな夢をみました。

その夢から覚めないで、夢をみつづけて、夢をほんとうにするために、いっしょうけんめいにがんばってくれたから、この世界はほんとうに、夢の世界になろうとしています。

 

西暦2030年ぐらいには、またしてもおおきな夢が、ほんとうになりはじめます。

そのころには、びっくりするようなすばらしいことが現実になってきます。

夢を夢だといってばかにしないで、夢をたいせつにして、受け継いできた人たちがいたからこそ、咲きました。

 

ぼくは夢をやめるひとではなく、夢を受け継ぐひとになりたいのです。

受け継いで、その夢を叶えるために生きて、死ぬときには、その夢をまた子孫に受け継いでいきたい。

人間は、死んでから極楽に行くために生まれてきたわけじゃない、と思うのです。

みんなで協力して、いまのこの世界こそを天国にするために、生まれてきたように思えてなりません。

そっちの方面から見たときに、はじめて全部が腑に落ちるからです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。